ワークシェアリングとは

ワークシェアリングとは、
ワークシェアリングとは、従業員同士で仕事を分け合うこと。各々の労働時間を短くする時短によるのが典型的な方法である。
ワークシェアリングの種類
* 雇用維持型
不況などで企業の業績が悪化した際に、一人当たりの労働時間を減らすことによって企業全体での雇用を維持する。
雇用人数はそのままに労働時間を減らすことで賃金をカットし、リストラを回避するための手段になるというもの。
* 雇用創出型
様々な業務ごとの短時間労働を組み合わせることによって、雇用機会を増やす。
(内閣府)
海外では、ドイツやオランダ、フランスなどで導入が早く、すでに失業率低下に効果をあらわしつつある地域もある。