趣味全般

久しぶりのDMM.com月額DVDレンタルサービス

最近流行っている動画配信サービス。
ネットに繋がる環境があれば、どこでも好きなときに視聴が可能なのは便利なサービスなのですが
やっぱり見たい映画が見れるのがDVDレンタルサービスのいいところ。
動画配信サービスの方もタイトル数が多くなってきてはいますが、ちょっと前の作品や
友人に薦められて、やたら見たくなった作品など。
そんな作品がたまってくると、どうしても見たくなります。
そんな時には、月額DVDレンタルサービスを利用してみました。
そのサービスが、「DMM.com月額DVDレンタル」です。
以前、利用したことがあったのですが、見たいものがなくなったので、「休会」にしておりました。
再開するのは、ログインしてボタンをクリックすれば完了でした。
(その際、以前登録していたクレジットカードの期限が切れていたので、新いクレジット番号を登録しました。JNBのビザデビットカードでも登録できましたよ。)

DMM.com月額DVDレンタルの料金プラン

DMM.com月額DVDレンタルの料金プランが少し、変更されていました。
(今更ながらですが・・。大きな枠組みは変わっていませんが。)
・シングルパック(1度にレンタルできる枚数が2枚)⇒最も一般的な「無料お試し対象」
・ダブルパック(1度にレンタルできる枚数が4枚)
・トリプルパック(1度にレンタルできる枚数が6枚)
それぞれについて、
ベーシック4、ベーシック8、駆り放題
という3つのプランがあります。
以前には、ベーシック12というのがありましたね。
料金等はこちら⇒DMMレンタル体験
(2015年8月時点情報)


ティンバック2というカバンを買ってみた

散歩したり、ちょっとそこまで的なお出かけに使える「カバン」を探していたところ、見つけたのが
TIMBUK2(ティンバック2)でした。
TIMBUK2(ティンバック2)というカバンは、いわゆるメッセンジャーバックの代名詞的存在。
恥ずかしながら、そんなことはちっとも知りませんでした。
本来のTIMBUK2(ティンバック2)の使い方は、自転車に乗る方が便利に作られたようなのですが、
頑丈そうなのと、斜め掛けできること、そしてそのデザインの魅力に参ってしまったのでした。
早速、注文してみました。
TIMBUK2通販
カートに商品を入れ、
カート画面の右側にある「レジへ進む」ボタンをクリックするとログイン画面になります。
(ログインされていない場合)
まだ、会員登録が済んでいない方は、ここで会員登録します。
株式会社もしもが運営するもしマーケットに登録することになるようです。
氏名、住所、メールアドレス入力し、パスワードを設定します。
最後に、商品代金の支払い方法を選択します。
「代金引換」と「クレジットカード」のいずれか。
「クレジットカード」を選択した時は、クレジットカード番号を入力します。
これで、登録は完了です。
「注文を確定する」をクリックすると、先ほど登録したメールアドレスに注文内容確認のメールが自動的に送信されます。
なんと今回、
商品画面に「発送目安: 5~7営業日程度」とありました。
届く日ではなく、発送する日が1週間後・・・・。ちょっとびっくり。
けっこう、待つんですなっと思っておりました。
しかし実際には、
発送完了メールが届いたのが、注文日から4日後。そして、翌日には無事届きました。
注文してから5日目には届いた事になりました。
私の勘違いなのか、
在庫との関係で、たまたまそうなったのか分かりませんが、急ぎの場合は別途問合せが必要でしょう。
首を長くして待っていると、
ついに、届きました。
TIMBUK2


あなたは、宇宙飛行士になれるか!?

宇宙パズルというのをご存知だろうか?
http://www.yanoman.co.jp/product/space_puzzle/index.html

宇宙パズル

宇宙飛行士の選抜試験問題としても使われるパズルです。
ようは、ジグソーパズルの絵のない真っ白なモノです。
ピースの形だけで、作っていくとっても根気のいるパズルです。
そもそもジグソーパズルというのを遊んだことがないのですが、
ジグソーパズルは、250年ほどの歴史があり、
日本には1970年代に輸入されるようになったそうです。
もともとは、木の板を糸鋸でカットして(名前の由来にもなっています)作られていました。
現在のような厚紙のジグソーパズルは、誕生から約100年後の1800年代終わり頃に登場します。
今からでも、自分の可能性を試してみませんか?


レーザーディスク生産終了

レーザーディスク生産終了
パイオニアは1月14日、レーザーディスクプレーヤーの生産、販売を終了すると発表した。1981年の登場から約27年、日本国内で約360万台を販売したという。
98年モデルを最後に新製品の開発を停止。
在庫がなくなり次第、販売も終える、ということ。
レーザーディスクといえば、
カラオケ機器という印象が強く、家庭用もあったようだが、印象は薄い。
ビデオがあったからなあ~。
アナログのLPプレーヤーは、今なお販売されているし、これからもなくならいでしょう。
そういうふうに、なれなかったレーザーディスク。
ちょっと寂しい。
ソニー、東芝など約20社が参入していた時期もありました。