生活関連

夏場には、やっぱりうなぎが食べたくなります。

空梅雨、熱中症、水不足、・・・が心配される時期になりました。
寝苦しい夜が続くと、朝起きても体がだるくて・・なんて日が今年もまもなくやってきますね。
だからといって、日中だらっとしてられないのが、つらいところ。
結局は、体力のある人が勝つことになるんです。
夏を乗り切る為にも、体力をつけたいぞ!
ということで、思いつくのが、「うなぎ」ド定番ですが。
ところで、うなぎといえば、近年漁獲量が激減して価格が高騰なんてニュースを聞きますが、
2013年はどうなのでしょう?
水産庁によると、
国産と輸入分を合わせた養殖業者の稚魚(シラスウナギ)仕入れ量は4月末時点で約12トンと、昨年より約25%減少。
一方、稚魚の平均取引価格は2006年の1キロ当たり266000円から昨年は約8倍の2148000に急騰。
2013年はさらに値上がりし260万~270万円になっているという。
かば焼きなどの商品に関して「安くなる要因はない」との見通しを示した。(2013/5/30)
近頃では、すき家さん(うな牛が美味そう!)などでは、手軽(でもなくなりつつあるが、ギリね。)にうなぎが食べれるようになっていますが、
年に一度は、本格的なうなぎを食してみたいものですよね。

続きを読む


「JINS」のメガネのサイズと選び方

通販の宿命なのが、実物を見れないということ。
モデルさんがかけている写真や、メガネの写真が豊富だとはいえ、限界があります。
そのへんをフォローしてくれる仕組みがJINS公式オンラインショップ
には用意されています。
まず、
「JINS」のメガネのサイズは、分かりやすく大中小の3種類。
「Small」と「Medium」と「Large」と表記されています。
「Small」は、フロントサイズが、130~134mm。
「Medium」は、 135~139mm。
「Large」は、140~145mm
ここで、フロントサイズとは、メガネを正面から見たときの幅のことです。
うーん。イメージしずらい・・。確かに。
そこで、下記ページでは、メガネのペーパークラフトがダウンロードできるようになっています。
http://www.jins-jp.com/guide/03/page04_1.html
そう、模型を作って実際に自分の顔に合わせてみる。ということが出来るのです。
これなら、だいたいのイメージが掴めますね。
さらに、商品詳細ページにはメガネの詳しいサイズが表記されています。
例えば、
JINS
「53□16 145 26.5」(←メガネのテンプルにも印刷されています。)
 (1) (2) (3) (4)
というぐあいに。
これは、
(1) 例の場合53mm。片方のレンズの横幅を表しています。
(2) 例の場合16mm。ブリッジ(鼻部分)のサイズ。
(3) 例の場合145mm。テンプル(サイド部分)の長さ。
(4) 例の場合26.5mm。レンズ部分の天地幅です。(最大値)
そもそも、どういった形状や色が自分には合うか知っておきたいという方には、
メガネのセレクト術というページがあります。
3ステップで自分の顔に合うメガネの形や色を見つけることが出来るようになっています。
http://www.jins-jp.com/guide/03/page09.html
↑なるほどって思っちゃいました。
度付きメガネが何本も持てる!?
公式オンラインショップ ⇒JINS


パソコン用度付きメガネ「JINS PC」を買ってみた。

前々から気になっていたパソコン用メガネが届きました!パチパチパチ!!
JINS PC
「JINS PC」のレンズの種類は、
度付きタイプの場合、
薄い茶色っぽい色のついたレンズと
透明(クリアに近い?)レンズ
の2種類があります。
どちらも、同じ値段でメガネ本体の価格に3990円をプラスすると作ることが出来ます。
「JINS」でのメガネ価格は、コミコミで4990円、5990円、7990円、9990円の4種類。
これに、+3990円というわけです。
オンラインショップでは、本体のメガネ価格がディスカウントされているものもあるので、
それでいいなら、少々お得に作れます。
今回は、1000円ほどお得に出来た上に、送料無料でゲットいたしました。
色付きレンズは、ブルーライトカット率が約50%。
透明レンズは、ブルーライトカット率約35%。(度付きの場合は約30%)なんだとか。(公式HPより)
色付きレンズの方をチョイスしました。

続きを読む


「JINS」から度付きメガネが届いた

JINS
届きました!
注文から5営業日で届きましたよ。
店舗で作った時とあまり変わりませんね。
(在庫のあるレンズだともっと早い?!)
いそいそと箱からだし、⇒新品のいいにおい。
いそしそとかけます。
おおお。
思った以上に、フィット感があり激しく動かなければ問題ない感じです。
しばらく様子をみてみます。
しかも、違和感なくちゃんと見える ⇒あたりまえ。
でも、ちゃんと見えるのってすごいって思いませんか。
メガネが似合う似合わないっていう不安は以前にも書きましたが、
もっと根源的に、
はじめて通販で購入する時、自分の目に合ったものが届くのかという不安でした。
自分の目に合わないメガネは、どうしようもないですからね。
この価格※で、この品質感。大満足です。
※「JINS」での価格は、コミコミで4990円、5990円、7990円、9990円の4種類。
オプションレンズ等の場合は、その分追加となりますが、基本この価格。
しかも、今回利用したオンラインショップでは、この価格からさらにお得に買えるセールもあります。
送料無料で。⇒大丈夫か「JINS」さん。
これなら、価格的にあきらめていた度付サングラスやいろんなデザインのメガネを楽しむ事だって気楽に出来そう。

続きを読む


「JINS」オンラインで度付きメガネを注文完了する

「JINS」の実店舗に到着すると、
意外と若い人だけでなくおじさん達もいたりして賑わっていました。
事情を話すと、すぐ対応してくれました。
かけてたメガネを渡すと、慣れた調子でなにやら機械にかけてあっという間に必要な数値を
さらさらっと紙に書いて手渡してくれました。
JINS
この場で注文して帰ったらよかったんじゃないか!?
って思いつつお店を後にしました。
気を取り直して、再び「JINS」のサイトへ。

続きを読む


「JINS」度付きメガネをネット通販で買うことにしたワケ

JINS

ネット通販で度付メガネを買う時、不安なのが、
実物を試さないでフレームが自分に合うのか?

フィッティングしなくていいのか?
ということではないでしょうか。
私の場合2本目のメガネとして考えていたので、
主に自宅や休日に使うことあるいは予備として、想定していました。
少々、似合ってなくても機能的に役割を果たしてくれていればまあいいかというところです。
さらに、
実は、「JINS」の実店舗(そんなに近くはないが)を知っていたので、購入後そこでフィッティングしてもらえば大丈夫そうと算段していたからです。
それに、
通常、メガネを造るには、最低2回はお店に行くことになります。
注文時と引き取り時。
それが、通販の場合、フィッティング不要なら、わざわざお店に行くことがなくなります。
(最悪、その1回で済むかもしれない。)
ああ、楽ちん!
そこで、早速HPでメガネ選びを始めたのですが・・・。

続きを読む


「JINS」度付きメガネをネット通販で買うことにした。

数ヶ月前、いつも利用している眼鏡が壊れてしまいました。
落下したとたん、左右に真っ二つ。
長年眼鏡を利用していますが、こんな壊し方をしたのはじめて。
予備の眼鏡があるので、あわてなくて済んだのですが。
それ以来、一つしかない眼鏡で事あるごとに、不安な思いをしておりました。
そんな話を、知り合いにしていると
ネットで買うことも出来るというのです。
サングラスや伊達眼鏡ならともかく、度付の眼鏡だよってなんども聞き返してしまいました。
度付の眼鏡は、お店で買うものだっていう固定観念にとらわれていたようです。
たしかに、検索すると、出てきますね。
知り合いにすすめられたのは、こちら。
JINS公式オンラインショップ
そういえば、
パソコン用眼鏡のCMを見たことあります。
えええ、それにしてもこの値段ですべて(レンズもフレームも)作れてしまうなんて!
嬉しいような、怖いような。
せっかく教えてもらったので、ためしに度付めがねを作ってみることにしました。
つづく。


あなたは、持ち家派?賃貸派?

住宅エコポイントが前倒しで終了してしまった。
(被災地については予定通り10月末まで受け付けるそうです。)
住宅エコポイントとは、省エネルギータイプの住宅の新築や改修をすればもらえるポイントのことで、
家電エコポイントの住宅版。
詳細は、国土交通省HPへ
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000017.html
住宅エコポイント
そういえば、
家電のエコポイントの時も駆け込みで、
テレビ一つ買うのにも、店員さんを捕まえるのが大変でした。
売り込まなくても、客のほうから呼び止めて次々買って行くのだから、
店員さんも忙しくて、変にハイテンションでした。
今じゃテレビも当時と比べてえって思うほどお安くなってしまいましたが。
自分の周りには、いませんが、皆さんの周りには
同い年で自分の家を建てられる人もいらっしゃるかもしれませんね。
(又は、マンションの一室を買うとか)
テレビCMで、同期が家を買うと聞いてそれが中古だと知ると、露骨にほっとするというのがありました。
持ち家か賃貸派で行くか、いいわるいは置いといて、そろそろ自分の考えを固めておく時期なのかな
と思う今日この頃。


知っておきたい「標高が分かるWeb地図」

新聞で面白そうなサイトを見かけたので、アクセスしてみました。
それが、こちらのサイト「標高が分かるWeb地図」
http://saigai.gsi.go.jp/2012demwork/checkheight/
国土地理院が運営するこちらのサイトで、
マウスで地図上をぽちっと右クリックすると、
右サイドに標高値を表示してくれます。
他に距離や座標表示、印刷まで出来ちゃいます。
万が一の津波や災害への備えのために、
自分がよく行く場所や家、職場などの標高を知ることを目的としたサイトです。
もちろん、無料でだれでもすぐ使えます。
中央のクロスをだいたいの目的の場所に合わせて、ズーム(+ボタンを押す)していくと簡単に目的地へいけます。
(グーグルマップとかと異なり、学校でよく見る地図記号を入った地図です。)
普段から、駅からの距離なんかは気にしますが、標高は気にしたことないのではないでしょうか。
昔住んでたところが、以外に低いところだったのはびっくりしましたよ。
皆さんも、お暇なときにでも是非。


ダニかな?と思ったときには

2012年も梅雨の季節になりました。

梅雨

天気予報を聞いていると、梅雨前線がどうのこうの。
梅雨の晴れ間がどうのこうの。
ついこの間までの冬支度がうそのようです。
ともすると日中、車に乗っているとサウナのような状態なっていて
忘れていた夏の日の暑さを思いださてくれます。
でも、一日締め切っていた部屋に戻ってくると、
じめじめ感が気になります。
こんな時期、絨毯の上にじかに座っている時や布団で寝ている時に、
妙にかいかったりしたらもしやって怪しんでしまいます。
そう、ダニです。
毎日掃除・・なんて出来ないし。
巷ではこんなのがあるようです。
「ダニ捕りロボット」
http://item.rakuten.co.jp/sdma/c/0000000305/
ロボットといってもお掃除用ロボットのようなモノではございません。
置いておくだけで、ぞろぞろ。いわゆるホイホイタイプです。
一人暮らしだと、誰もやってくれないしおいて置くだけってのが簡単で便利ですね。


次のページ »