はじめてのオペラ鑑賞へようこそ!!

オペラ 今年こそオペラを見に行くぞ!
映画やお芝居はよく見るけど、オペラはまだ見たことないという方へ、オペラを見るための基礎知識をご紹介するサイトです。

話の筋が分からない。高尚過ぎて馴染めないナドナド。
何かとハードルが高そうなイメージのオペラですが、はまると抜け出せない魅力を持ったものなのです。
欧州の王侯貴族の社交の場として発達してきたオペラですが、その物語は以外にも下世話な内容が多かったりします。
三角関係や不倫、殺人といった事柄を題材にしたものが結構あるんです。
オペラは、ワイドショー的な庶民の娯楽という一面もあるわけです。
なので、現代の我々だって十分楽しめるという訳です。

オペラの基礎のキソ

オペラとは
「オペラ」(opera)という単語はイタリア語で「仕事」「作品」を意味し、元来は「opera musicale」(音楽的作品)と呼んだものの省略から、この語義が生じました。

オペラは、舞台上で衣装をつけた出演者が演技を行う点で演劇と共通していますが、台詞だけではなく、大半の部分が歌手による歌唱で進められることを特徴とします。

物語の進行が止まって独唱する部分を「アリア」(見せ場ですね。)
しゃべる部分を「レチタティーヴォ」
何人かで同時に歌う部分を「アンサンブル」といいます。

オペラとミュージカルの違い
オペラは生オーケストラで肉声で歌うのに対し、
ミュージカルでは生オーケストラでない場合も多く、マイクを使います。

又、利用される音楽についても、おおむね、 オペラは、基本的にクラシック音楽をベースにしたものが多く、 それに対しミュージカルはポピュラー音楽をベースにしたものが多い。

オペラではほとんどダンスがありません(マイクなしですので声量を重視すると踊ってられない。)。
これに対して、ミュージカルは歌とダンスおおむね半々といわれています。

「オペラ」を訳すと「歌劇」
「ミュージカル」は「喜歌劇」となります。喜劇のオペラつまりコミックオペラがミュージカルの原型だからです。

観劇の服装とアイテム
まずは、服装。

外国の一流劇場では、男性にも女性にもそれなりのドレスアップが求められることが多いそうですが、 日本では、そこまで敷居をあげなくても大丈夫なようです。
ただ、
周りの人が迷惑にならないようなきちんとした服装であれば、入れてもらえないということはなさそうです。

その人の趣味や年齢などにより一概には言えませんが、 親しい友人の結婚式の披露宴に参加するときの服装で十分でしょう。 反対に、タキシードやロング・ドレスだと、浮いてしまいます。

色々と考えるのが面倒な方なら、お手持ちの一張羅のスーツを着ておけばOK。

次に、アイテム。

オペラグラス。おっきな双眼鏡ではなく手のひらに収まるくらいの物がベスト。
劇場でも500円くらいで借りれます。

観劇の記念に、お土産に、「プログラム」を購入した時、 そのまま持ち歩きたくない方は、ちょっと大きめのカバンが必要でしょう。 凝った作りのプログラムもあり、ハンドバックやセカンドバックには入らないことが多いです。
そんなの持ってないよ・・新しく買うのもなあ・・・・。
という方はには、こちらはいかがでしょう。
DVDレンタルでおなじみのDMM(デジタルメディアマート)が提供する『ファッションレンタル』サービスです。
定番ブランドからレアな商品まで1150点以上の商品の中から選べます。
レンタルしてみて、気に入れば購入も可能なんですよ。
まずは、下記をクリックしてみてどんなものが借りられるかチェック!

ファッションレンタル