「JINS」オンラインで度付きメガネを注文完了する

「JINS」の実店舗に到着すると、
意外と若い人だけでなくおじさん達もいたりして賑わっていました。
事情を話すと、すぐ対応してくれました。
かけてたメガネを渡すと、慣れた調子でなにやら機械にかけてあっという間に必要な数値を
さらさらっと紙に書いて手渡してくれました。
JINS
この場で注文して帰ったらよかったんじゃないか!?
って思いつつお店を後にしました。
気を取り直して、再び「JINS」のサイトへ。


「JINS」一押しのパソコン用メガネではなく、通常レンズのメガネを作ることにしました。
それは、また今度ということで。
膨大なカタログを一つ一つ見てたら埒が明かないので、検索機能を使います。
普通のメガネかサングラスかを選び、男女別で絞り込みます。
あとは、値段や、
メガネの形、顔の形状(面長とか、丸顔、四角とか)、メガネの材質、シーン別など。
で絞り込みます。
私の場合、
価格とメガネの形、メガネの材質でだいたいイメージしたものが検索結果として出てきました。
あまり細かく(AND検索出来るが)検索しても結果が「ゼロ」ということがあります。
ので、ほどほどがよろしいでしょう。
各メガネを選択すると、詳細画面に移り、数パターンの画像を見ることが出来ます。
メガネ自体の画像から、モデルさんがかけた画像まで。
出来るだけイメージしやすいように配慮されていました。
でもまあ、限界はありますが。
同じメガネでもこうはかっこよくかけれないよな。
レンズの歪やぐりぐりもないし・・・。⇒これがネット上で分かるそんなシステムがあればいいのに!!
などつっこみながら、
自分の妄想力を信じて、えいやっ!と買い物カゴへ。
実は、「JINS」の店舗ではレンズ込み価格なのにレンズの薄さの種類を選ぶことが出来るんです。
しかし、
オンラインショップでは、薄さを自分で選ぶことは出来ません。
透明レンズか、カラーレンズか、JINS PCレンズかを選択できるのみなのです。
度数に合わせた最適なレンズがJINS側で選ばれることになるようです。
ちなみに、
決済方法は、
クレジットカード
コンビニ払い(前払いです。現金のみ。)
代金引換え(手数料必要な場合あり。)
です。
配送日数は、
度付きレンズの場合、
カラーレンズや特注レンズになると注文確定日より10営業日以内に発送されるそうです。
さて、
度付メガネを購入する場合、私のように前もってメガネの度数が分かってないと買えないのか?
とお思いの方もいらっしゃることでしょう。
そう、
はじめてのメガネを作りたいという方や
度数が分からないという方のために、
「レンズ交換券」を選択して購入すれば、メガネが自宅に届いた後
「JINS」の店舗に出向き、度数を測ってもらってレンズをつくりメガネを完成させるという方法もあるんです。
レンズの在庫があれば、その場で完成する場合もあります。
さらに、
「手持ちのメガネを送って作成」という方法もあります。
注文時に送料を負担してメガネを送くれば、同じ度数で作ってくれるサービスです。
なんとか注文まで漕ぎ着けた初めての度付きメガネ通販。
さあ、あとは到着を待つばかり。
たのしみです。
つづく。
度付きメガネが何本も持てる!?
公式オンラインショップ ⇒JINS



トラックバックURL

http://www.mthy3.com/seikatu/megane/jins_1/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.