夏場には、やっぱりうなぎが食べたくなります。

空梅雨、熱中症、水不足、・・・が心配される時期になりました。
寝苦しい夜が続くと、朝起きても体がだるくて・・なんて日が今年もまもなくやってきますね。
だからといって、日中だらっとしてられないのが、つらいところ。
結局は、体力のある人が勝つことになるんです。
夏を乗り切る為にも、体力をつけたいぞ!
ということで、思いつくのが、「うなぎ」ド定番ですが。
ところで、うなぎといえば、近年漁獲量が激減して価格が高騰なんてニュースを聞きますが、
2013年はどうなのでしょう?
水産庁によると、
国産と輸入分を合わせた養殖業者の稚魚(シラスウナギ)仕入れ量は4月末時点で約12トンと、昨年より約25%減少。
一方、稚魚の平均取引価格は2006年の1キロ当たり266000円から昨年は約8倍の2148000に急騰。
2013年はさらに値上がりし260万~270万円になっているという。
かば焼きなどの商品に関して「安くなる要因はない」との見通しを示した。(2013/5/30)
近頃では、すき家さん(うな牛が美味そう!)などでは、手軽(でもなくなりつつあるが、ギリね。)にうなぎが食べれるようになっていますが、
年に一度は、本格的なうなぎを食してみたいものですよね。


もっとも、うなぎを食べたからといって、即元気になる訳ではないんです。
毎日の食生活などが影響するんでしょうが、
「刻んだアナゴ」に「うなぎエキス」をかけた「うなぎ味のアナゴ」な~んてモノもあるだとか・・。
年に一度は、本物の味を知っておくのもいいのではないでしょうか。


関連記事(食べモノ関連)
  1. 古代文明!?インカコーラ
  2. チキン食べ放題

トラックバックURL

http://www.mthy3.com/seikatu/syoku/post_37/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.