ロボット宇宙飛行士、月面に立つ!?

東大阪宇宙開発協同組合は、2015年を目標に人型2足歩行ロボットを月に送り込む構造を発表しました。
同組合は、人工衛星「まいど1号」を開発したことで有名です。
政府の2015年に月へ車輪型ロボットを送り込む構想に便乗したかたち。
さて、この人型ロボットは、人間より小さいサイズになる予定だそうです。
補助金などで数億見込んでいるそうですが、まだ不足。
全国の人に支援を呼びかけているといいます。
どんなに小さくても、月ですっくと立つロボットの勇姿を見てみたい。
2足というところがいいじゃあないですか。
この技術がもっともっと進んで、二本にいながら遠隔操作で月面旅行な~んて日が
くるかもしれませんね。
他にも、
読売新聞によると、
【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)=山田哲朗】米航空宇宙局(NASA)は14日、国際宇宙ステーション(ISS)にロボット宇宙飛行士「R2」を送り込むと発表した。(ここまで)
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100415-OYT1T00355.htm
NASAが米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と共同で開発したヒト型ロボット。とはいえ胴体と頭部、2本の腕のみ。当面は実験棟に固定して利用されるそうだ。
日本人宇宙飛行の足跡