日本人大リーガー

大リーグといえば、今年も新たな日本人大リーガーが誕生しました。
巨人からフリーエージェント(FA)宣言し、米大リーグのオリオールズと2年契約を結んだ上原浩治投手(33)。
中日からフリーエージェント(FA)宣言し、米大リーグのブレーブスと3年契約を結んだ川上憲伸投手(33)。
アメリカンリーグ東地区のオリオールズは、松井秀喜選手がいるヤンキース、松坂選手がいるレッドソックスと同じリーグ。対戦が面白そうですね。
川上選手のブレーブスは、ナショナルリーグの東地区。
今のところ、レギュラーシーズンで対戦できる日本人はいない・・・かな?
大リーグは、移籍が激しくって、ついていけません・・・・。
お二人とも元気な姿で、開幕むかえてもらいたいものです。